加盟店規約


全東信クレジット加盟店規約


第1条(総則)

本規約は、加盟店(第2条に定めるものをいう)が、日本国内の店舗・施設において、第2条に定めるクレジット カードの取扱を行う場合の、株式会社全東信(以下「当社」という)と加盟店との間の契約関係(以下「本契約」という)につき定めるものです。当社と加盟店は本業 務の健全なる発展及び円滑なる運営を図るため、相互に緊密な連携を保ち本契約を誠実に履行するものとします。

第2条(用語の定義)

本規約におけるそれぞれの用語の意味は次の通りとします。

  1. 「加盟店」とは、本規約を承認のうえ、当社にクレジットカー ド加盟店の加盟を申し込み、当社が加盟 を承認した個人・法人および団体をいいます。
  2. 「カード会社」とは、当社が現在及び将来において業務提携を行う クレジットカード会社をいいます。
  3. 「カード会員」とは、カード会社の加盟店として取扱が可能なカードをいいます。
  4. 「取扱が可能なカード」とは 、以下の(1)、(2)とします。

  5. (1)カード会社及びカード会社が提携する会社、組織が発行するカード。
    (2)マスターカードインターナショナルインコー ポレイテッドに加盟しているクレジットカード会社及びビザインターナショナルサービスアソシエーション、ビザジャパングループに加盟しているクレジットカード会社が発 行するカード。
  6. 「カード規約」とは、カード会社が定める加盟店規約をいいます。

第3条(システム運営費)

加盟店は、当社に対しシステム運営費を負担するものとします。

第4条(クレジット端末機)

  1. 加盟店は、当社に対しクレジット端末機などの設置を申し込んだ際、当社から購入、または有償で貸与を受けることができます。
  2. 加盟店は、本契約を解約 または解除した場合、当社から貸与を受けているクレジット端末機を加盟店負担にて、当社へ返却をするものとします。
  3. 加盟店の責に帰すべき事由、または天災などによりクレジット端末機などの故障、破損等が発生した場合修理・交換費などは加盟店の負担とします。ただし、 故障、破損等が発生した時点で前条のシステム運営費の支払いをしている加盟店に対しては、当社の負担にて修理・交換等を受けることができます。

第5条(加盟店の遵守事項)

  1. 加盟店は、クレジットカードの取扱を行うにあたり、本規約とカード規約を遵守するものとします。
  2. クレジット端末機の使用については、その使用規約を 遵守の上すべてのカード取扱についてこれを使用するものとします。ただし、端末機の故障及び電話回線の障害等により端末機を使用できない場合は、カード会社に電話で承 認を得たうえでカード取扱をするものとします。
  3. 加盟店の店舗が営業を終了及び中止または本契約を解除する場合はその旨を当社に申し出をし、直ちにクレジッ ト端末機を含む用具一式を当社に返却するものとします。

第6条(立替金の精算)

  1. 当社は加盟店が計上 した当該販売代金をあらかじめ当社と加盟店の間で取り決めた締切日・支払日をもとに、1件ごとの利用金額から第7条に定める方法により算出した金額の合計を加盟店が 指定する金融機関預金口座へ振込により支払うものとする。なお当該支払日が金融機関休業日の場合は、翌営業日に支払うも のとします。
  2. 加盟店から当社に対す るカード売上代金の計上は、当社に当該カード売上のデータまたは売上票が到着したときその効力が発生するものとします。

第7条(加盟店が当社に対して請求できる金額)

加盟店が当社に対して請求できる金額は、1件ごとの利用金額から事前に取り決めを行った手数料相当額及 び1回の振込みごとに第3条所定のシステム運営費を差し引いた金額とします。

第8条(紛議の処理)

カード会員との間にカード利用等に係わる紛議が生じた場合、原 則として加盟店が責任を持ってその解決に対処するものとします。

第9条(支払の拒絶・留保及び払戻し)

  1. 加盟 店が以下の(1)、(2)に該当するカード取扱を行ったことが判明した場合当社は当該金額の支払を拒絶できるものとします。

  2. (1)カード規約に違反した場 合
    (2)正当でない売上であった場合
  3. 加盟店が当社に計上したカード売上代金の中で、正当ではないカード売上またはカード規約に違反してカード売上 代金の計上が行われたことが判明した場合、当社の申し出により加盟店は当該金額を当社所定の方法により遅滞なく払戻しする。この場合、当社は次回以降の加盟店 に対する支払金と相殺することができるものとします。

第10条(地位の譲渡等の禁止)

加盟店は、本契約上 の地位を第三者に譲渡できないものとします。

第11条(機密保持義務)

  1. 加盟店及び当社は本契約により相互 に知り得た情報及び業務上の機密事項について、本契約の有効期間中及び本契約の解除後においてもこれを他に漏洩しないよう機密保持に責任を持つものとします。
  2. 加盟店及び当社は、相手方が本条に違反することにより生じた損害を相手方に対し請求できるものとします。

第12条(届出事 項の変更)

  1. 加盟店は、当社に届け出た事項について、変更が発生した際には直ちに当社所定の用紙により手続きを行うものとし、当社 の承認を得るものとします。
  2. 前項の届出がないために、当社からの通知または送付書類、立替金の支払の延着または到着しなかった場合には、通常到着すべ きときに加盟店に到着したものとみなします。

第13条(取扱期間及び解約、解除)

  1. 本契約による取扱 期間は申込日から1年間とし、期間満了の3か月前までに加盟店または当社の書面による解除の意思表示がない場合はさらに1年間延長するものとし、以降も同様とします。
  2. 加盟店及び当社は本契約の期間内であっても3か月前までに書面による通知をもって本契約を解約することができる。ただし、相手方に損害を与えた場合は、 その損害額を賠償しなければならない。
  3. 加盟店及び当社は本契約の期間満了、前項に定める解約及び解除により終了した場合、誠実に相互の精算業務を遂行し 完了させるものとします。

第14条(本規約に定めのない事項)

加盟店は、本規約に定めのない事項について は、当社が別に定める取扱要領等に従うものとします。

第15条(合意管轄裁判所)

加盟店と当社の間で訴訟の 必要が生じた場合は、当社の本部所在地を管轄する裁判所を合意管轄 裁判所とします。

第16条(規約の変更)

本 規約の変更については、当社が本規約の変更を行い、変更内容を加盟店に通知または公告した後において、加盟店が当社の加盟店としてクレジットカードの取扱を行っ た場合には、加盟店が新しい規約を承認したものとします。



ページトップ